はじめまして

はじめまして、アロマセラピストの杉本です。

今回は私がブログを書かせていただきます。

 

最初に自分自身のことを書こうか、

アロマテラピーとの係わりを書こうか・・・と迷いましたが

今回この神戸ケアアロマテラピー協会に参加しようと思った

動機を書こうと思います。

 

私も2、3年くらい前から、

何かを立ち上げたいと考えるようになりました。

アロマテラピーの勉強をはじめて11年、

インストラクターになって9年、

セラピストになって5年になります。

 

でも実際にどこかで働こうとすると

主婦の私には、夜遅くまで家に帰れないのは辛いですし

だからといって自宅開業までする自信もない。

幸い、人の縁には恵まれて、様々なイベントに参加することは

できましたが、何かもっと形になることがしたかったのです。

 

そう思ってはいたものの、あまり経験のない私に

何ができるだろうかと躊躇していました。

 

そんなとき、声をかけてもらったのです。

 

私はボランティアをしたことがあります。

以前、通っていたアロマスクールで講習があり

行きたい人は参加できるというスタンスでした。

 

行き先はデイサービス。

大阪や西神中央などへ違う場所へ合計5,6回でしょうか。

もう一カ所、ホスピス病棟へも行きました。

でも行っているうちに思ったんですね。

これ以上何か「広げられることはできない」

 

行かなくなってしまってだいぶ経ちますが、

繰り返し思い出すことがあります。

それは最初にスクールで講習をしてくれた

先生がおっしゃってたことです。

 

「ボランティアはやってあげてる、という気持ちでしてはいけない」

 

今でもなかなかこういう気持ちにはなれませんが

ボランティアに限らず、自分がアロマのケアを人にするとき、

「やってあげてる」という気持ちでしたらいけない

と思うようになりました。

 

こうして自分が何かを立ち上げたい、

でもどうしようかと悩んでいたときに天から降ってきた話。

 

きっとこれも縁なのだと勝手に運命を感じて参加させて

いただくことにしました。

 

写真のひまわりは私の好きな花です。

この太陽に向かって暑い夏にしっかりと咲くひまわり。

私もしっかり活動して一緒にがんばりたいです。